HighB♭は高くない!

HighB♭は高くない!

常識を覆せ!
トランペットの新しい練習方法

腹式呼吸はもう古い!?あなたはどこで呼吸していますか?

吹奏楽経験者の方はもちろん、これから楽器を始めるという方も「腹式呼吸」という言葉を聞いたことがあると思います。
腹式呼吸はたくさん息を吸うための呼吸法として紹介されています。

吹奏楽経験者の方は「お腹に息を入れろ!」と一度は言われたことがあるのではないでしょうか?
しかし、そんな腹式呼吸は、もう古いのです!

今回は、腹式呼吸に変わる新しい呼吸法をご紹介します。

腹式呼吸とは?

腹式呼吸のイラスト

腹式呼吸とは、よく「お腹に息を入れる」と説明される呼吸法です。
息を吸ったときに、お腹や背中が膨らむようすることからこの説明がされています。
長くに渡り、吹奏楽を中心に音楽で使われてきた呼吸法になります。
その結果、現在でも多くの指導者が呼吸法と言えば「腹式呼吸」という概念の元、指導されていることと思います。

空気はお腹ではなく、肺にたまる

胸式呼吸のイラスト

では、普段の私たちは、体のどこを使って呼吸しているのでしょうか?
それは「肺」です。

普段は、肺を広げることで息を吸い、しぼませることで吐いています。
これを胸式呼吸と呼びますが、腹式呼吸の場合も体の動きは同じです。

そして、胸式呼吸の特徴としては、息を吸ったときに肺が膨らみ肩が上がることが挙げられます。
このことから、腹式呼吸の指導の際には、肩が上がってしまう状態に対して「それは腹式呼吸ができていない」と言われ肩を上げないよう指示されます。

しかし、本当に肩の上がる状態はよくないのでしょうか?
そしてなぜ、肺で呼吸しているのにお腹が膨らむのでしょうか?

腹式呼吸の謎を解明

前述したように、人間の呼吸は肺で行っています。
ではなぜ、腹式呼吸の時は、お腹や背中が膨らむのでしょうか?

それは、膨らんだ肺が内臓を押し出しているからです。

空気を吸うために肺を「下方向」に広げたときに、内臓を押し出して、お腹や背中が膨らむというのが、腹式呼吸の原理です。
つまり、お腹に息が入って膨らんでいるわけではないということです。

たくさん息を吸うための呼吸法
ここまで、2つの呼吸法と肺の動きを紹介しました。

  • 胸式呼吸は、肺が「上方向」に広がることで肩が上がる
  • 腹式呼吸は、肺が「下方向」に広がることでお腹や背中が膨らむ

つまり、どちらか片方しか肺を広げていないということです。勿体無いですよね?
上方向・下方向どちらも使いましょう!というのが今回ご紹介する呼吸法になります。
以下のステップを実践して、肺を広げるという体の動きを体感しましょう。

ステップ1:鼻から吸う

まずは、肺を上方向に広げる意識で、鼻から息を吸います。
この時、自然に肩が上がれば肺を広げることができています。

ステップ2:口から吸う

次は、肺を下方向に広げる意識で、口から息を吸います。
この時、自然にお腹が膨らめば肺を広げることができています。

ステップ3:併せてやってみる

今度は、併せてやってみます。
はじめに、口から息を吸って、肺を下方向に広げます。
「限界!」「もう吸えない」というところまで吸いましょう。

その状態で、今度は、鼻から息を吸って、肺を上方向に広げます。
そうすると息を吸うことができますよね?
口で吸ったときには「もう吸えない」と思ったはずなのに、まだ息を吸うことができました。

その状態が最大限息を吸った状態ということになります。
これまでの呼吸法は、このどちらかしか肺を使えていなかったということになります。

ステップ4:素早くたくさん吸う

ここまでで、肺の使い方がわかれば、あとは「素早く」「たくさん」吸えるように練習するだけです。
これまでとは違う呼吸法になるので、慣れるまでは、肺の動きをしっかりと意識しましょう。
慣れてくれば肺の動きを意識しなくても、これまで以上にたくさんの息が吸えるようになるはずです。

まとめ

肺の動きを体感できたでしょうか?

いままでの呼吸法で使えていなかった、もう片方へ肺を広げることで、これまで以上にたくさんの空気を吸うことができます。

腹式呼吸が間違っているということでは、ありませんが、その原理を理解することで、意識が変わってきます。
ただお腹を膨らませるのではなく、肺を下方向に広げるというのを意識しましょう。

しかし、それでは肺の半分しか使えていません。
上半分もしっかりと使うようにしましょう。

「肺全体を広げて息を吸う」という意識が大切です。

この呼吸法をマスターして肺活量アップを目指しましょう!

運営者

プロフィール
牛くん

MooCowスタジオ代表

工業高校卒業→大手企業(製造業)に就職→3年2ヶ月で退職→中小企業(IT系)に就職→1ヶ月で退職→起業

普段はWebライティングの受託、メディア運営を中心に活動をしています。