HighB♭は高くない!

HighB♭は高くない!

常識を覆せ!
トランペットの新しい練習方法

トランペットの音色に自信がない、、、譜面台の驚きの使い方で悩みを解決!?

トランペットの音が汚い、うるさいと言われることはありませんか?
そんな事言われたら、音色に自信がなくなってしまいますよね。。。
今回は音色に自信がない人でもすぐに綺麗な音を聞かせられるようになる裏技を紹介します。

トランペットの特徴

トランペットは前方にベルがあり、真っ直ぐ前を向いています。そのため、次のような特徴があります。
- 音が前に伝わる
- 響きよりも生音の方が大きく聞こえる
その為、音が汚いと言われやすいのかもしれませんね。
しかし、ちょっとしたことで音を綺麗に聞かせることができるのです!

譜面台はどこに置いていますか?

譜面台のイラスト

突然ですが、普段トランペットを演奏するとき譜面台はどこに置いていますか?
以下の4パターンがあると思います。

  1. ベルに被らないように斜めに譜面台を置いている
  2. ベルに被るように正面に譜面台を置いている
  3. ベルの下にくるように低くして譜面台を置いている
  4. ベルの上にくるように高くして譜面台を置いている

譜面台を置く位置によって、何が変わるのでしょうか?

実験してみよう

実験方法

  1. トランペットを吹く人ひとりを決める
  2. 残りは聞く人
  3. 全員が聞く人になるように2回行う

聞く人と向き合い大きな音を出してみる

聞く人は次のことについて確認しながら聞いてみましょう。

響きは聞こえる?
生音の方が大きい?

聞く人と向き合い、譜面台に当てて大きな音を出してみる

聞く人は次のことについて確認しながら聞いてみましょう。

響きは聞こえる?
生音の方が大きい?

生音に自信がない人はベルを当てて譜面台に当てて響きを聞かせよう

ベルを譜面台にあてたときと、あてなかったとき。どちらの方が綺麗な音に聞こえましたか?
特に音色に自信がない方は、譜面台にあてた方が、いつもより綺麗に聞こえたのではないでしょうか?

きれいな音が出せなくても、響きはきれい

トランペットで綺麗な音を出すのはとても難しいと思います。
特に、トランペットを始めて間もない方や、練習時間を沢山取れない方など沢山いると思います。

しかし、響きはどうでしょうか?
トランペットの響きまで綺麗でない人は少ないのではないでしょうか?
生音がいまいちでも、響きは綺麗なことが多いと思います。

ということは、生音よりも響きを大きく聞こえるようにすれば、綺麗な音になるのではないでしょうか?

響きが大きく聞こえるように、生音を譜面台で遮る

では、どうしたら響きを大きく聞かせられるでしょうか。

それは、
譜面台にベルをあてて生音を遮る
ことです。

先程の実験で実感した方もいるかと思います。
生音を譜面台で遮っても、響きは聞こえてくるので、綺麗な音に早変わりです!

音量は下がるので、いつもより気持ち大きく吹こう

しかし、この奏法は音量が下がってしまいます。その為、いつもより気持ち音量を大きくしましょう。

譜面台にベルをあてない方が良い場面

音量が落ちることや、生音を遮ってしまうことで、問題が起きる場面があります。

譜面台にベルをあてない方が良い場面を確認しておきましょう。

fffでダイナミックに演奏する時

曲で盛り上がるところ、クライマックスなどではfffで吹くことがあります。
そんな時に、ベルを譜面台にあてていたら全く音量が足りません!
なので、ダイナミックに吹きたいときや音量を必要とする時は、譜面台にベルをあてないようにしましょう。

ソロを吹く時

ソロを吹く時も、譜面台にあてていたら音が聞こえにくくなってしまいます。
自分が主役なので、譜面台からベルを外し、のびのびと演奏しましょう!

生音を生かしたい時

ジャズを演奏する時など、トランペットの生音を生かしたい時もあると思います。
そういった時も譜面台にあてないようにしましょう。

譜面台にベルをあてる時の応用

譜面台にベルをあてる奏法は、応用もできます。

音量を絞りたい時

pppで静かに演奏する場面では、息を減らしすぎると音がならなかったり切れたりしてしまうことがあります。
そんな時は、譜面台にベルを思い切り近づけてmfくらいで吹くと丁度良い音量で聞こえると思います。

まとめ

音色に自信がなくても音を綺麗に聞かせる裏技はいかがでしたか?

実験を行った方は、効果を実感できたのではないでしょうか?
譜面台にあてる場面とあてない場面を使い分けられるような、自分にあった譜面台の高さや位置を探してみてください。

簡単に試せるので、いますぐ実践してみてはいかがでしょうか?

運営者

プロフィール
牛くん

MooCowスタジオ代表

工業高校卒業→大手企業(製造業)に就職→3年2ヶ月で退職→中小企業(IT系)に就職→1ヶ月で退職→起業

普段はWebライティングの受託、メディア運営を中心に活動をしています。