HighB♭は高くない!

HighB♭は高くない!

常識を覆せ!
トランペットの新しい練習方法

初めまして。トランペッターです!

突然ですが、私達はトランペットの音を出すのが苦手でした。
何年練習しても上手くなりませんでした。
ところが、練習方法を変えただけでみるみるうちに音を出すのが得意になったのです!

同じような悩みを持ったトランペッターや、伸び悩んでいるというトランペッター、最近始めた・始める予定の初心者の方など、様々なトランペッターがいると思います。
そんな方々が悩みを解決する為の助けになればと思い、当サイトを立ち上げました。

みなさんのお役に立てれば幸いです!

HighB♭は高くない!

トランペットの写真

このサイトのタイトルです。
私の高校時代の吹奏楽部の顧問に言われた言葉で、当時「何言ってるんだ、高いに決まっている」と思ったけど口にはできなかったのを今でも覚えています。
鬼かと思いました。

しかし、大人になった今では顧問のこの言葉が「本当だったんだ」と思えるようになりました。
だからと言って高い音が出ることがトランペットの技術の全てではありません。トランペットが上手ってどういう定義なのでしょうか?

  • 高い音が出る?
  • 大きい音が出る?
  • バテない?
  • 音がきれい?
  • 譜読みが早い?
  • 指が回る?

などなど色々な上手があります。
高い音はトランペットの技術レベルを差す1つの指標に過ぎません。

でも、高い音出せるようになりたいですよね(笑)

常識を打ち破れ!

このサイトで紹介する練習方法は、吹奏楽部で教わる「秘伝のタレ」とは違い、常識を覆すようなものばかりかもしれません。

  • 腹式呼吸は古い
  • アンブシュアに決まりはない
  • 譜面台を演奏で活用する
  • タンギングで「トゥ」と発音しない

などなど。。。今まで教わった・教わっている内容とは真逆かもしれません。
でも、試してみる価値はあるのではないでしょうか?
上手になるなら、やり方を変えてみるのはあり!と思いませんか?

今まで教わった方法で上手になる人もいれば、上手になれない人もいます。
なので、このサイトで紹介していることも、合わない人がいるかもしれません。

練習する上で大切なのは、教わったことを教わった通りにやるのではなく、自分にあった方法を選びながら自分のものにしていくことです。
そうしていくことでいつの間にか上達しているかも・・・?

お悩み相談受け付けます!

当サイトの練習方法を見て、「悩み、相談したいかも・・・」と思った方はお気軽にご連絡ください。
今持っている全ての知識を使って相談に乗ります!!どしどしどすこいお悩み相談待ってます!

常識を打ち破って、一緒に上達を目指しましょう!!

運営者

プロフィール
牛くん

MooCowスタジオ代表

工業高校卒業→大手企業(製造業)に就職→3年2ヶ月で退職→中小企業(IT系)に就職→1ヶ月で退職→起業

普段はWebライティングの受託、メディア運営を中心に活動をしています。